副作用が少ない塗布タイプのミノキシジルにしました

29才で、早くも禿げてきました。
育毛剤で、発毛効果があるのは、ミノキシジル育毛剤だけなのでミノキシジル育毛剤にしようと思います。
ミノキシジル育毛剤には、塗布タイプと内服タイプがありますがミノキシジルの副作用の少ない塗布タイプにしました。

 ミノキシジルは、元々、血圧を下げる薬として開発されたので、高血圧の薬を服用している人や低血圧の人は、使用することが出来ません。
塗布タイプの副作用で一番多いのは、頭皮の痒みです。
リアップシリーズを発売している大正製薬の臨床検査によると、全利用者中の10%以下ですが、痒みを感じています。
さらに、頭皮の炎症や湿疹、脂漏性皮膚炎などの症状も僅かですが確認されています。
その他に多毛症がありますが、内服タイプはかなりの確率で発症しますが、塗布タイプは多毛症になる人は僅かです。
もし体毛が濃くなった時は、腕や脛毛の無駄毛処理をする人や何もしない人もいます。
ミノキシジル育毛剤には、数多くの育毛剤が出ていますが、価格の安いロゲインジェネリックのカークランドにしました。
カークランドは、日本では購入できないので、インターネットで個人輸入代行に注文しました。
これから頑張って、育毛治療をしていきます。