医薬品成分として認められているミノキシジル育毛剤

20代後半から生え際や頭頂部が薄くなり、プロペシアを使用していまし

たが生え際の薄くなった部分の毛が改善されていません。
皮膚科でプロペシアを貰って飲んでいたので、薄毛の進行を防ぐことは

出来ていました。
プロペシアと同様に医薬品成分として認められているミノキシジル育毛

剤を使おうと思っています。

 ミノキシジルは、血流を増加させることで髪の毛母細胞の分裂スピード

を上昇させ禿げてしまった箇所の発毛を促進します。
普通の育毛剤では、生え際に効果がありませんが、ミノキシジル育毛剤

は、唯一、生え際に効果がある育毛剤です。
ミノキシジル育毛剤には、塗布型と内服型があり、内服型の方が効果が

高いので内服型にしようと思います。
しかし、内服型のミノキシジルは、日本では、手に入れることが出来な

いので、個人輸入代行にお願いして購入しました。
内服型の米ファイザー社のロニテンには価格の安いジェネリック医薬品

があるのでジェネリックのロキシジル5mgにしました。
プロペシアにもジェネリック医薬品があるのでジェネリックのフィナス

テリド1mgとロキシジル5mgを個人輸入代行に注文しました。