生理周期のコントロールと避妊にマーベロン

生理周期のコントロールと避妊の目的で病院で低用量ピルのマーベロンを処方してもらっています。

低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの割合によってわけられていて一相性、二相性、三相性の三種類があり、一相性は生理周期のコントロールが簡単ということがマーベロンを選択した理由のようです。

先生の説明によると、遅らせたい時は休薬期間をおかずに新しいシートを服用、早めたい時はそう思った時に服用を止めれば良いとのことでした。

私の場合は生理が遅かったので休薬期間をおかずに新しいシートを服用したら簡単にコントロールすることができました。

わたしは田舎に住んでいるので病院まで行くのに一日がかりになるので、使い方も慣れたので、今は、個人輸入代行でマーベロンを購入しています。

病院で処方してもらったマーベロンと変わりはありませんでした。

病院よりマーベロンが安く買えるので助かります。